いわゆる優待タダ取りにかかる費用について

[株主優待ただ取り] ブログ村キーワード
[株主優待タダ取り] ブログ村キーワード

いわるゆ「優待タダ取り」にかかる費用についてまとめてみました。

参考にしていただけたら幸いです。

 

いわゆる「優待タダ取り」最初に言いますが…タダでは取れません!

そんな甘い話はありません!!

というわけで、どんな費用がかかるのかまとめてみました。

 

1)取引手数料

2)貸株料

3)信用事務管理費

4)逆日歩

5)配当落ち調整金

 

以下、各費用についてのコメントです。

 

取引手数料:

現物買いと信用売りの取引にかかる手数料です。各社それぞれです。

 

貸株料:

信用売りとは、証券会社から株を借りて、その株を売ることです。

だから、信用売りすると、借りた株の利息を払わなくてはいけません。

制度信用ですとだいたい年率1.1~1.2%くらいです(各社で微妙に違う)。

カブコムの一般信用売短は年率3.9%、一般信用長期は1.5%

松井一般信用(無期限信用)は年率2%

この利息を日割りで支払います。

<参考> 10万円、1.1%で、1日当たり3円くらい、14日で約42

     100万円、2%で、1日当たり55円くらい、14日で約770円!

  300万円、2%で、1日当たり164円くらい、14日で約2300円!!

と、高額長期クロスする場合には結構大きな出費となりますので甘く見ないように!

特に、カブコムの一般信用売短は3.9%もの利息なので、14日クロスで上記2%の約2倍の貸株料が徴収されます!

 

信用事務管理費:

クロス期間が1か月を超えた場合支払います。

1株あたり10.5銭、つまり1000株あたり105円のお支払です。

金額が105円に満たない場合には、最低でも105円は支払います

1か月以上クロスする場合には、各社で基準を確認することをお勧めします。

特に、カブコムでは単元が1株のものは1株当たり105円とられるみたいですので、注意が必要かもしれません。

 

逆日歩:

信用売りが増えると発生する費用。

権利日前には信用売りする人が増えますので、発生することが多いです。

取引価格によって、最大逆日歩の金額(料率)が設定されています。

権利日前は、その最大逆日歩が4倍になるので注意してください。

さらにさらに、売り手が多くなると注意喚起が出ることがあります。

注意喚起が出ると、最大逆日歩は8になります!

それでも貸株が足りない異常事態が発生すると10になります!!

詳しくは、日証金ホームページをご覧になったほうが、正確です。→日証金HP

制度信用でのクロス取引では、この逆日歩が最大の問題となります。

松井証券やカブコムの一般信用取引では、逆日歩は発生しません!

 

<参考> 11万円、取引単位1株の銘柄の場合(吉野家など)

最高料率(最大逆日歩):1日当たり300

権利日前:41日当たり1200

注意喚起が出ると…:81日当たり2400

さらに貸株が足りないと:101日当たり3000

…と、権利日の曜日によっては3日の逆日歩が発生することがありますので、10倍になると9000円もの高額逆日歩を支払う羽目になります。これが、クロス取引では逆日歩が一番問題となる、ということです。

 

 

配当落ち調整金

配当金と相殺されますので、特に費用としては発生しません。

詳しくはこちらをご覧ください。→こちら

 

 

~手数料の例~

たとえば、制度信用

使用証券会社:GMOクリック証券

株価:1100円

1単元:100株(最低購入価格が11万円)

クロス期間:3日(株を保有する日数は4日間)

を実施しようと思った場合…

 

現物買の取引手数料:105円

制度信用売の手数料:100円

貸株料11万円×1.1%÷365日×4日間 = 13円

事務管理手数料:0円

逆日歩:0円~1200円×3日=0円~3600円

合計:218円~3818円

となります。

 

これが、注意喚起となると…

現物買の取引手数料:105円

制度信用売の手数料:100円

貸株料11万円×1.1%÷365日×4日間 = 13円

事務管理手数料:0円

逆日歩:0円~2400円×3日=0円~7200円

合計:218円~7418円

となります!!!

 

逆日歩がいくらになるかは、取引の次の日じゃないとわかりません!

 

手数料の観点から、制度信用と一般信用を比較しますと、

制度信用:

○貸株料が安い

×逆日歩が高額となることがある

 

一般信用:

○逆日歩が発生しない
×手数料が安いSBIやGMOでは実施していない

×貸株料が高めなので長期クロスの場合は結構痛い

 

このあたりを理解したうえで、クロス取引(いわゆる優待タダ取り)を楽しみましょう!

関連記事


現在、fc2のブログは広告非表示にするためツイッターのまとめ記事を毎日流す設定にしております。

ブログ自体は独自ドメイン取得しまして「anko-kabu.club」というドメインに引っ越しました。
コメントは確認していますので、毎日の更新記事にしていただければ返信いたします。よろしくお願いいたします~。

引っ越し先 ⇒ あんこの株.club
お知らせ更新:2015/5/30

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 資格ブログ FP技能検定へ

コメント

No title
一般信用取引には申し込んでいないのですが、逆日歩がないのですか?
私の利用しているSBIだと、品貸料は買い方には払われないが、売り方は逆日歩を払う必要がある、というような記載があったような。。
Re: No title
こんにちはー。
一般信用取引は逆日歩(品貸料)がつきません。
そして、SBIは一般信用取引で売建てはできません。買建しかできません。

SBIで売建ては制度信用を利用することになりますので、そうなると逆日歩が付くことになります。
SBIでも、制度信用で買建てれば、品貸料を受け取ることができますよ~。

コメントの投稿

非公開コメント


ご訪問ありがとうございます!
自己紹介

あんこ

Author:あんこ
一姫二太郎の2人の子供を持つ普通のサラリーマンです。優待株中心に資産を少しずつ増やしていきたいです。よろしくおねがいします~。FP2級取得しました!

最新記事
相互リンク募集中です♪
月別アーカイブ